ブログ

会議場の大きなエントランスホールにビビッドな色の胡蝶蘭をいける

更新日:

今日はつくば国際会議場の大きな

エントランスホールにお花をいけてきました。

 

今回は前回、静かな色のお花を

いけましたので、

少しパワーのある色をいけようかなと

思っていましたので。

 

キレイな会場にはこんな強い色も

マッチするかな~などと思い。

 

 

大きな吹き抜けになっているガラス張りの

このホールは、大変きれいな作りで

お花が映えます。

 

いつもは大勢の方々がいらっしゃるのですが

今は、かなり静かな感じで、はさみで切る音が

響くくらいです。

太陽光がいっぱい入ってくる

明るいホールです。

お花のもちにはどうかなと

思ったのですが、

昔、この建物の中央付近に

ここに生えていた木を1本残して

この建物を建てたそうなのです。

 

確か、楠の木と言われたと思います。

建物より古くからいるその木に光を

あてるために、天井にガラスで明かりが

入るようになっているのだそうです。

 

ところが、だんだん元気がなくなり

いつのまにか、いなくなってしまったなと

思っていたら、畑で自然光を浴びて

元気にしているというお話を聞きました。

なんだか、ほっとしました。

 

話は反れましたが、

前に生けたお花はこちらです。

 

最後の方はゆりがどんどん咲いて

高貴な感じのお花になりましたが少し、静かな色合いでした。

ということで、今回賑やかなお花にしたかったのです。

小ぶりですがピリッとした感じになったでしょうか。

 

 

 

 

-ブログ
-, ,

Copyright© いけばなブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.