ブログ

枝だけでいけばなする(お花も葉もいれない)

投稿日:

春のこの季節、花木がたくさん
登場します。 どれも木から
直接お花が咲きます。

よく見てください。
桜もれんぎょうもさんしゅゆも
梅もみんな直接お花が
咲きます。

そして、お花が終わったころに
葉がいきなりたくさん
出てくるのです。

自然はすごいですね。
植物もまた、生きているのを
実感します。

今日はお花屋さんに枝ものが
たくさんありましたので、

この季節のボス、桜を
購入、それに合わせて
もう、終わりを迎えている
梅を譲っていただき

先日、いけた立派な
ぼけの木を加えて
みました。

白梅はあまりにも地味で
作品のどこに入ったのだか
わからないくらいですが

やはり主張しているのですね。
いい香りを放っているのです。

愛おしい気持ちになりました。

あまり、梅はいけることが
ないのですが、
来年のお正月には
少し、加えて見ようかな
などと思うのでした。

ついつい、インパクトの
強いお花を選んでしまうことが
多く、本当はこんな静かな
咲き方をするお花が
かわいらしかったり
します。

ぎりぎりの咲ききった梅の花と
徐々に咲いていく
ボケと桜です。

いい季節になりましたね。

風邪などひいていたら
大好きな季節が通りすぎて
いってしまいそうです。

焦っています。

さて、この枝ものだけで
いけるのは少し難しいです。

ビジュアル的にも
大きなユリやダリアがはいれば
びしっと締まるところが
枝だけですので、

小さなお花しか咲いていない
というメリハリが
つけにくいのです。

でも、これがいけていると
楽しいのです。

まず、枝だけで留めて
いくことが多いので
わざわざ、剣山を使わないで
いけます。

当然、基本ができていないと
とまらずに倒れてきます。
ぐちゃぐちゃになって
しまうという難しさが
あります。

ということで、いけるときが
枝と枝の絡み合いで
パズルのようになるのです。
(これは私がかってに
思っているだけです)

海老沼彩花さんのゴツゴツと
した形の器に枝がぴったりと
沿っていきます。

桜はどんどん咲いてきて
春がそこまでという感じ
ですね。

ちょっと地味な白梅は
花屋さんにかろうじて
咲きながらに残って
いた枝です。

実はこのあと、花展で
苔梅と一緒に使いたくて
枝だけでよかったのですが
お花をいけたのです。

空間を強い線によって
切り裂くような
春のこの季節だけ
いけられる花木が、やはり
好きです。

桜、もうすでにどのくらい
いけているでしょう。

花見まで、まだまだ
なのに、うちには
桜が満開なのです。

いつも先取りですが
外に出ると寒いので
再び風邪をひかないように
気を付けなければ
と言い聞かせている
とこです。

季節感のあるいけばなは
いいですね。
やはりいけばなは、楽しいです。

動画に枝もの三種の作品を
載せました。
よかったらご覧ください。

 

 

 

-ブログ
-

Copyright© いけばな(Sogetsu)教室・つくば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.